フォト
無料ブログはココログ

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020/02/29

エーデルで練習 : ストックワーク左右差の意味 (シーズン18,19日目)

2/25,28と2回連続してホームエーデルのモーグルコースで、ストックワーク矯正の練習をしてきた。

思えば、「練習」という2文字を頭の中に置いて滑るなんて、いつ以来だろう・・・というかんじ。

きっかけは、SNSで自分の滑りの動画公開に伴い、ストックワークの癖に対して、A級モーグラーの息子さんをサポートしている親父殿カワシマさんと、A級モーグラーでありながら基礎スキーの検定でクラウンプライズを取得したエイジさんの2人から具体的なアドバイスをいただいたこと。

振り返ると、この自分の左右差の癖は、モーグルコースがある程度まともに滑れるようになったころからずっと出ているもので、エドガー、ジャンリュックから上村愛子に至るまでの当時のトップ選手の急斜面の滑りの腕の動きをカッコイイと感じてそれをまねようとしたことに起因しているような気もする。また当時のスキー雑誌のモーグルのところに「腕をワンツーパンチのごとく前へ、前へ交互に素早く繰り出す」みたいな表現とイラストがあり、そんなことも影響しているかもしれない。(でも自分はそんな急斜面をあまり滑らないので、緩斜面コブでそれをしようとしたことがそもそも間違いだったか??) まあ、モーグルにしても昔と今では技術理論も変わってきているみたいだが・・・

いただいたアドバイスを自分なりに簡単にまとめてみると・・・

★とにかくフラットで徹底的に癖づける練習をする。

★腕でストックワークをするのではなく、腕は固定して手首を返すことで行うようにする。

★グリップを落ちない程度に軽く握る。

★突くというよりはストックをそこに置いて来るようなイメージ。

ノーストックで滑る・・・という練習方法もあるのだろうけど、難しいのに加え、そうして滑っているときの姿がお世辞にもカッコイイと思えない楽しくないので、最初から却下した。本当ならそういうステップを踏んで練習することでより完璧に習得できるのだろうが、「自分で楽しいと感じられない滑り(スキー)」を練習として地道に行うのは、自分の今のスキーへのスタンスからどうしても受け入れられない。特に60代に突入し、残りの人生を考えると、「練習」に時間を費やすのではなく「楽しく」スキーをしたい!! 練習をするにしても楽しく滑る中で出来る範囲のことをしたい!! 

そこから、自分なりに頭の中で作った言葉のイメージは・・・

ストックを軽く握って、両腕を前に固定して、ストック先端で雪面を"擦る"イメージでストックを振る。」

今までの自分は、グリップは強く握り、ストック先端は「突き刺す」イメージだったので、いきなり「突いているように見えるけど突かない」は無理と思い、「擦る」というイメージにしてみた。本音で言えば、技術向上が目的というよりも、左右差が矯正されて見た目にかっこよくなれば十分という意識があったもので()

で、2日間これを滑る中でに意識してみた。

初日(2/25)は自分一人で黙々と滑る。ウォームアップで滑ったフラット数本でも意識し、その後モーグルバーンでもゆとりがある中で滑走しているときはほぼ出来た気がして、意外にも早く矯正できそうだと思った。ところが、、、2日目(2/28)一緒だったナカタさんに動画を撮ってもらって見てみると・・・うーん、左右差の癖はまだはっきりと見てとれる。ただ、力みは抜けて、前よりは左右差は少なくなったようにも思える。動画で見ると初日に感じていたほど実際には矯正できていないことに少しガッカリしたものの、それなりの手ごたえは感じられる。まあ、長年染みついた癖がそう簡単に直るはずもない。ただこの意識を持ち続けてこれからも滑っていけば、それなりの効果が期待できるのではないだろうか。

88133438_10221088192776498_7124462184049 88163849_10221088198416639_5145783481065 87879881_10221088198616644_5745653256831

ナカタさんに撮ってもらったモーグルバーンでの動画https://youtu.be/O1lZq3m5XIw

そうしたら、この動画をFB上で見たナカタさんから「なぜかは分からないけれど、"意識して滑った時"よりも"楽しく滑った時"の方がイイかんじに見える」という感想をもらった。最初、"楽しく滑った時"の方が縦にスピード出して滑っているので、そこからくる印象だろう・・・と思った。でも、よーく見てみると・・・"意識して滑った時"の右回り初動時コブに当たった瞬間にトップを落とし込めずに板が浮いてしまっている箇所がたくさん!! それによりパタパタして見える。ターンに関しては"楽しく滑った時"の方が安定しているかんじ。コレかーーー!!

そういえば、昔、エーデルFSC幹部スタッフの一人だったサカヌシさん(現役選手を引退後は基礎スキーにも通じ、栃木県技選にも出ていた人)にどちらかの脚をウィークポイントとして指摘されたことがあった。自分ではどちらかのターンが苦手という意識はないのだが、あの時指摘されたオレのウィークポイントは未だに健在だったか!!? すると・・・また気づいた!! このターンの次の瞬間に「左腕が突いた後外に大きく逃げる。それと同時に右腕が内側にぐっと入る」という左右差の癖が出ているわけで・・・この二つ、連動しているもの?? もしそうなら・・・ターンがダメだからそれがストックワークに出るのか? ストックワークが不自然だからターンに出るのか?

うーーーん、分からない。。。でも、もしかすると自分の場合、ストックワークの左右差を矯正することには、見た目にカッコ良くなる以上に大きな意味があるのかもしれない!!

2020/02/26

山中湖冬滞在①(シーズン17日目)

2/18(火)~2/21(金) 東急バケーションズ山中湖グランドヴィラ405に3泊4日で滞在!

1日目:

いつもよりも早めに出発し、フェザントのレストランで初めてランチ!! 二人共パスタを注文!!

Dsc_0096 Dsc_0098 Dsc_0097 Dsc_0099

食後はパノラマ台からの富士山を眺め、山中浅間神社と散策したあと、スーパーオギノで買い物をしてチェックイン!!

Dsc_0102 Dsc_0106

そのあと、4:30頃に交流センターのあたりで"ダイヤモンド富士"が見れるということで、出かけてきました。(案の定、一眼レフをかまえた人々や年配の人々が大勢集まっていた)

Dsc02063-2 Dsc02064-2

2日目:

ふじてんスノーリゾートでスキー!!

平日の割にはけっこう混んでいました。学生初心者ボーダーの比率が高かった。。。

Dsc02067 Dsc_0109 Dsc_0112 Dscpdc_0003_burst20200219141432854_cover

3日目:

予定通り、一日マッタリDAY!! 9時半頃に起きて軽く朝食。お昼は、「やまさと」に行って鴨汁蕎麦♪

スーパーでリンゴ、シナモン、バターを買って、コテージに戻って薪ストーブ焚いて、おやつに"焼きリンゴ"を作りました!! 初めてにしてはまあまあの出来具合!!

そして、夜はフェザントレントランでイタリアン・ディナー♪

食後また薪ストーブを焚いてコテージでダラダラと過ごすという、一日通して贅沢な時間でした!!

Dsc_0119 Dsc_0135 Dsc_0137 Dsc_0138 Dsc_0141 Dsc_0151

※3週間後には第二弾として、今度は前々から泊まりたかった初!フェザント205号棟に宿泊しての3泊です!!

 

2020/02/15

ナカタさんと平日エーデル(シーズン16日目)

今回は、ネットスキー仲間の中田さんと待ち合わせてエーデル!!(中田さんと滑るのは前回がいつだったか思い出せないくらい久しぶり)

自宅6:30出発して、8:30に鬼怒川温泉駅で中田さんをピックアップして9:15頃にエーデル到着。

前回のエーデルは、テクニカルコースへのモーグルバーン移設直前だったので、今回がシーズン初のテクニカルバーンのコブ!! コーススペックはエア台が1基、エア台まで10ターン、エア台のあとが約30ターンで、後半20ターンくらいが少しピッチが細かくなるというかんじでした!!

Dsc_0068 Dsc_0064

"朝に雨があがり、その後急速に天気回復して気温上昇"という事前の予報通りで、まるで春スキーのポカポカ陽気。エーデルのカチカチバーンはどこへやら…というかんじの緩んだザケ雪になり、モーグルコースも柔らかで滑りやすかった。

この日は、松本さんがエーデルモーグルスタッフとしての初仕事ということで来ていて、結局、モーグルコース滑っていたのは我々3人だけ(たぶん)。来場客もこれまでの平日エーデルの中で一番少なかった印象で、11:50くらいにレストランに入る他の客はたった2~3人しかいない。12:30くらいには20人くらいまで増えたものの、激空きでした。

Dsc_0070 Dsc_0067 Dsc_0072 Dsc_0074

15:00までモーグルバーンだけをまわして終了。中田さんを温泉駅まで送り届け、佐野SAに立ち寄って、また佐野ラーメン(今回は、事前に佐野在住の沼田ありかちゃんにオススメしてもらっていた「田村屋」を)購入して帰宅しました!!  スキーには暑いくらいの陽気だったけど、ロンリーではなく、天気も良く、楽しい一日でした♪

2020/02/10

蓼科お泊りスキー旅(シーズン14, 15日目)

2/6(木)~2/8(土)、2泊3日 蓼科東急ホテル宿泊にてスキー♪

初日スキー: サンメドウズ清里

中央道まわりでアクセスした初訪問のスキー場。以前、キッツメドウスという名前で営業していたところです。

ゲレンデはほとんどがフラットな中斜面。最も急な斜度でも20度後半というカービング大回りで滑るのに最適なスキー場という印象!!

天気は、雪雲に覆われる時間帯も多々あったけれど、基本的には青空と太陽が見える良い天気で、コース前面に富士山、コース後方に赤岳を望むことができました♪

クワッドリフト下りてすぐの山頂部に短めのコブがありました。お昼ご飯は中腹の「清里テラス」にて。今シーズンからイタリアンカフェとしてリニューアルされたようで、"ワタリガニとアサリのパスタ"と"生ハムと温玉のピザ"を注文して二人でシェア。※セットメニューにしたら結構量が多かった・・・

Dsc_9974-2 Dsc_9984 Dsc_9978 Dsc_9979 Dsc02058Dsc_9985

2日目スキー:ブランシュたかやま

ホテルから車で35~40分程度のところに位置している、かつてブランシュカップという大人気のモーグル草大会が行われていたところで、ここも初めての訪問。今も"スノーボード滑走不可"を貫いている数少ないスキー場のひとつです。そのせいか、清里よりも空いている印象でした。

バーンはコブもあるものの、サンメドウズ同様にフラットバーンが主体。そんな中、一人モーグルチックにショートターンでちょこまか滑っていたのが自分です(^^;)

フラットショートターン動画(YouTube) 

この日は前日以上に完璧な快晴!! 遠方のアルプスの山々がくっきりと綺麗に並んでいる景色が望めて、最高でした!!

Dsc_0003 Dsc_0009 Dsc_0007 Dsc_0008

蓼科東急ホテル

これまで東急バケーションズ、ハーベストクラブ蓼科で何度も滞在している蓼科東急リゾートですが、ホテル宿泊は今回が初!! バケーションズで発行されていた優待割引券を使っての2泊! 一泊2食付きで一人15,000円弱でまあまあの料金♪

部屋は2F一番奥に位置する角部屋。ガーデンツインではなくスタンダードツインを選択したのでバス、トイレ、洗面がセパレートで快適でした。

Dsc_0013 Dsc_9987 Dsc_9989 Dsc_9993

料理は、朝はお客の少ない平日ということでオールビュッフェ形式はなく、和か洋のプレートを選択し、サラダ、フルーツ、飲み物等だけビュッフェ形式のスタイル。2回の朝食に和・洋を一度ずつ食べたけれど、味、量ともに〇♪ 夜は1泊目が洋食コース、2泊目が和会席を食べて、洋食は〇、和食は△という印象です。木、金と泊まってみて"やっぱり同じ平日でも金曜はお客さんが多めだな"と思いました。

Dsc_0001 Dsc_9994 Dsc_9995 Dsc_9996 Dsc_9997 Dsc_9998

2020/02/01

エーデル5日目(シーズン13日目)

1/31平日日帰りスキーtoエーデルワイス!!

下界は晴れという天気予報でしたが、栃木の山は一日雪雲に覆われ、時々薄日が差したり青空が顔をのぞかせたりする程度で、ずっと雪が舞ってました。

モーグルコースはきれいに整っていて、掘れ具合いも前回よりも浅めになり、雪質もエーデルにしては柔らかく、とても滑りやすかった。結果的に9:30~15:00まで昼ご飯をはさんで22本滑りました!! (今季一番の回数)

この日は、宇都宮市内の中学校が日帰りスキー教室に来ていて、お昼の時間の40分くらいはレストランが大盛況!!(全座席の約半分は彼らが占めていたので) でも、来場者の約8割がその中学校関係だったので、ゲレンデはいつもの平日と変わらずガラガラ。自分が現役のときに引率したスキー林間学校が思い出され、懐かしく感じました♪

Dsc_9935 Dsc_9948 Dsc_9945 Dsc_9937

Dsc_9946 Dsc_9947

 ↓同じ日の写真!!  目まぐるしく天気が変わる一日でした。

Dsc_9941 Dsc_9949

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »