フォト
無料ブログはココログ

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020/01/28

12年ぶりの神立高原(シーズン12日目)

体調もたいぶ良くなり、十分スキー行ける状況になり、天気予報だと月曜夕方から水曜まで大荒れになるというので、「その前に」というわけで1/27(月)久しぶりに関越道を湯沢まで走って、12年ぶりに神立へ行ってきました。家から神立Pまで1時間15分。渋滞なく普通に走れればむしろエーデルよりも近い!!

8:20に到着すると、車はエントランスまで50mほどの近い場所に係の人に誘導してもらいラッキー!!(もっと遠くに停めてある車もたくさんあったのだが…)

ベースセンター建物を見ると、神立というとペガサスロゴに黄色のイメージだったけど、今はKSRの文字と山のロゴに赤のイメージになってました。

ゲレンデへ出ると、かなり硬いバーンコンディション。ただフラットコースでも結構凸凹があって滑りにくい。"朝イチなのにピステンのあとがどこにも見られないのだが、ちゃんと夜~明け方にかけてピステンかけてるのだろうか???" "日曜夜はオールナイトナイターとかいうのやってないよなぁ・・・"など思いつつ、コブバーンへ行くと、あちこちに凄い数のレーンができていました。ただ、やはり雪が足りない。いたるところが黒く土交じりの色になってたり、ボトムがブッシュ、土剥き出しだったり・・・しかも深く掘れてる上に細かくささくれ立って固まっているところがあるためターン時にひっかかり、自分の技量だとスムーズなターンができない。

結果的に、天気もどんよりした曇り空だったこともあってか、今まで滑ってきたところと比べて自分にはあまり楽しくなかったため、午前中に6本、早めのお昼休憩のあと1本だけ滑って、"降り出す前に帰宅しよう"と思い、12:30には駐車場をあとにしたのでした。(滞在時間4時間)

神立は早割2枚を買ってあったのだけれど、もう一枚どうしよう・・・

Dsc_9919 Dsc_9922 Dsc_9920 Dsc_9926

2020/01/24

エーデル経由グランデコ行ツアー(シーズン9,10,11日目)

裏磐梯グランデコ東急ホテル3泊4日(1/20~1/23: 月~木)でのスキー!!

今回は行きに途中、エーデルに立ち寄り3時間程度滑ってからということで、朝6時に出発。8時半にエーデル着。9時半から12:00過ぎまで、元勤務校から依頼が来る予定の「三年生を送る会」用のビデオレターの素材撮りも兼ねて10本程度滑走。

Dsc_9838 Dsc_9835

昼食をとって、13:30頃にエーデル出発。グランデコに15:45くらいに到着、チェックイン!!

Dsc_9843 Dsc_9851

ホテルでは2泊目をリフト券2日付きのプラン、残りは通常の2食付きプランをコンフォートメンバーズで予約してありました。

ディナーは洋、和、洋で3泊目だけ追加利用金でグレードアップメニューにしました。

和食も悪くはないのだけれど、ここはやっぱり洋食の方が美味しい!!

スキーの方は、滞在2日目が時々陽が差す程度でほぼ一日雪。3日目は朝から太陽が出て青空の広がる良い天気。宿泊プランに付いていたリフト1日券は一人当たり1,900円相当。なので、二日ともリフト、ゴンドラ合わせて二桁回数は乗ったので、十分に元は取ったくらい滑れて満足♪

Img_1988 Dsc_9877 Dsc_9870 Dsc_9876 Dsc_9880 Dsc_9879 Dsc_9868 Dsc_9891 Dsc_9856 Dsc_9883

最終日はいつも通り、滑らずにのんびりチェックアウトして、途中猪苗代の洋菓子店「BILGO」に寄ってお菓子を購入して帰途に就きました!!

↓は一泊目の洋食コースディナーのものです。

Dsc_9845 Dsc_9847 Dsc_9846 Dsc_9848 Dsc_9849 Dsc_9850

 

2020/01/15

2シーズンぶりのリエックス!!(シーズン8日目)

中3日のインターバルでの日帰りスキー、割と大丈夫そうなので、、、今回はエーデルではなく、南佐久エリアでコブがある小海リエックスへ♪

ここは鳴海ユーキ氏が代表を務めるスクールがあり、常設コースを作っているところ、、、だけど雪不足のため、今はまだ仮コース。でも、ネット情報でエア台が1基設置されたラインとコブだけのラインがあり、斜度も緩めで楽しそう・・・ということでやってきました。

コース自体は予想通り楽しいバーンだけど、エア台までとエア台以降のコブ全部合わせても30ターン程度。それがエア台で分断されているのでエア台飛ぶ場合はいいけど、今日の自分のようにコブだけを楽しみたい場合、このラインはイマイチ滑走感が薄い。で、隣にエア台無しのピッチ広めのラインも用意されているものの、下3分の1くらいがラインがほとんど消えてしまっていて、こちらも20ターンくらいで終わってしまうため滑走感はイマイチ…こちらが最後までコブがしっかりでくきていれば凄い楽しかっただろうな~と思ったりもしたけど、、、この雪不足の中でこれだけのバーンを用意していること自体、凄いと思います!!!

で、お昼をはさんで16本程度滑って終了。平日シニア(60歳以上)1日券1500円のもとは十分に取ったでしょう(^ ^:)v

あと、この日は前の八千穂高原のときに居た人(2人)にまた遭遇して、向こうがこちらのウエアを覚えてくれていて声をかけてもらい、少しだけお話しました。連休明けの平日、さすがに空いていて、モーグル板履いてコース滑っていた客は彼らと自分の3人だけでした。

お昼ご飯は、注文してから肉焼いてくれる"ステーキ丼(1300円)"を注文。これでエーデルのカツ丼と同じ値段と思うとコスパいいですねぇ~。ちなみにこれの肉は奥で焼いてましたが、"サイコロステーキセット"(ちょっと迷った)もあり、これだと目の前の鉄板で焼いてくれます。

5:00起床、6:00出発、8:40到着、9:30~14:00滑走、14:55出発、17:20帰着という日帰りスキーでした。

Dsc_9814 Dsc_9820 Dsc_9819 Dsc_9823 Dsc_9822 Dsc_9821

2020/01/11

連休前平日エーデル(シーズン7日目)

1月三連休はスキー場も高速道路も混雑するだろう・・・ということで、そこを避けて1/10(金)に前回から中3日で再びエーデルへ♪

前回は平日とは言え学校がまだ冬休み期間だったので子供連れが結構来ていたのですが、今回は・・・ガラガラでした(^^;)

駐車場もピーク時で50台程度。大型バス3台あって団体さんがいたのでかろうじて来場者数100人以上はいたかな???って程度。

当然、昼時のレストランも空き空き。ゲレンデもたまに人が滑り下りて行くというかんじのほぼ貸し切り状態。

Dsc_9778a Dsc_9780a Dsc_9781a Dsc_9789a Dsc_9791a Dsc_9790a

モーグルバーンは前回よりもさらに硬く、はじかれ気味だったけど、硬くて整備の必要性がないのでとにかくひたすら滑って20本。

楽しかった♪

今までは週末来ていたので、「平日は空いている」とは思っていたけれど、ここまでお客が少ないとは・・・という印象でしたね!

 

2020/01/07

令和2年初滑りinエーデル(シーズン6日目)

年末年始のUターンラッシュにはまってしまうのが怖くて年明けからスキー行けない日々が続いてましたが、世の中が仕事始めの1/6(月)、ついに新年初滑りでエーデル(エーデルは今シーズン2度目)に行ってきました。

朝イチ、コブバーンに行き、まずは昨日降ったモサモサ雪の踏み固め&コースチェック!(いきなりモサモサを蹴散らしながら滑りたい欲求はしっかり抑え込み<(`^´)>)
この日は2クワ降り場の係のおっちゃんに完全にコース管理スタッフと間違われてました(笑)
「どうですか、コースの状態は?」「何か必要なものあれば遠慮なく言ってくださいね。」「下にチェーンソーとかもありますから」だと(^^;)😆"チェーンソーなんてオレ使えないよ…"😅
なんで、こっちも整備スタッフのふりしてスコップ借りてコブのいびつな箇所を微調整!! いゃあ~硬い!!! 全然スコップが入らない!! でも何とか角が立っていた氷の部分は削り取り、少し快適に!! "よし!これで縦ぎみにいってもひっかからないだろう"…ってことでメットマウントで動画を1本。まあまあの滑走感♪
その後、お昼挟んでダイナも混ぜながら16本。
最後に一人デラがけして14時終了―――!!(^^)/

帰路、佐野SA過ぎたあたりで見えた富士山の夕焼けシルエットがめちゃくちゃ綺麗で感動ものでした(写真無いのが残念!)
 

Dsc_9760 Dsc_9762Dsc_9773Dsc_9768

この日のモーグルバーンの様子(動画)

2020/01/04

2020年元旦・天皇杯観戦

新年あけましておめでとうございます!!!

今年の年末年始は泊りがけのお出かけ無しの代わりに、長年にわたり元日のスポーツイベントとなっているサッカー天皇杯決勝戦に行ってきました。しかも今年はこの試合が新国立競技場の"こけら落とし"(=初のスポーツイベント)!!!

試合は鹿島vs神戸。ゆえに特にどちらが勝っても・・・ということで、どちらかというとスタジアム見学の要素が強かった感じ。

ブランチして、一路千駄ヶ谷駅まで。試合開始より1.5時間ほど前に到着して場内散策。

全体的にはさほど驚きのある斬新な作りではなく落ち着いたデザインという印象。ただ、張り出した大屋根部分は木材が大胆に使われていて迫力を感じました。

Dsc_9720 Dsc_9725 Dsc_9723 Dsc_9731

席のある2層を一周しようとすると、途中で金網扉で通過できないようになっていて、同じ階を一周できないんですねぇ~、、、この点はチョット・・・ってかんじ。またTVで紹介されていた4階の回廊"空の杜"も、オリンピック終了後までは一般は立ち入りできないそうで、今回は見られませんでした。残念!!  (五輪後はイベント無いときでも競技場内には入らずに1Fからの階段で上がって散歩できるらしい)

試合がはじまると、陸上トラックがあるのでどうかなと心配していたけれど、バックスタンド側からはそれほど見づらいことはなかったですね。ただ、席の前後間隔が広くないので、出入りには大変です。

Dsc_9729 Dsc_9727 Dsc_9734 Dsc_9737

試合は2-0で神戸の初優勝!!  帰る頃にはあたりも暗くなり、ライトアップされた競技場を横目に眺めながら、帰途に就いたのでした!

Dsc_9738 Dsc_9741

         ↓ 観戦記念に観客(この日の来場者数は57,000人超)に配られたトートバッグ!!

Dsc_9744

 

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »